プロムセリュールの炭酸パック「グリーンマスク」の成分|副作用の危険性は?

プロムセリュール

高性能な炭酸パックとして名高いプロムセリュールの炭酸パックですが、副作用の危険性はあるのでしょうか?
化粧品というと添加物とか副作用とか気になりますよね。
私かんなは、成分めっちゃ気にします。今回はグリーンマスクの成分の解説をしっかりレポートしたいと思います。

グリーンマスクの成分と作用は?

プロムセリュールは、炭酸パックとして有名なブランドですが、その中でも緑色の貼って剥がせるタイプのグリーンマスクは従来の炭酸パックの常識を覆す高性能マスクとして人気を集めています。

では、全成分をみてみましょう。

グリーンマスクの全成分

ケイソウ土
アルギン酸na
炭酸mg
硫酸ca
ピロリン酸g na
スクワラン
炭酸水素na
リンゴ酸
ユーカリ葉油
クロロフィリン/銅複合体

グリーンマスクって、とってもシンプル処方。

もっとごちゃごちゃいろいろな成分名が並ぶことを予想していましたが、成分の量はかなり限られているんです。

アルコール、防腐剤、合成香料、界面活性剤、石油系鉱物油など一切使用していません

グリーンマスクは、未開封のパウチの中に入っている段階では粉状です。使う直前にお水を混ぜて使うものです。

だからとっても衛生的ですよね。

液状の化粧品に比べると品質管理がしやすく、余計なものを入れなくてもこの無菌のアルミパウチ容器で、雑菌の繁殖や劣化を防ぐことができるのです。

だから、これを肌に乗せるときは、このグリーンマスクの新鮮な成分だけがとろ~んっと肌に乗るので、自然派志向の人にはとってもオススメです。

水に混ぜた段階で炭酸水素naが化学反応を起こして二酸化炭素が発生し、肌に浸透していきます。

グリーンマスクの最大の美容成分は、二酸化炭素ですから、安心で安全な化粧品なんです。

グリーンマスク 1箱10包

グリーンマスクの成分の「クロロフィリン/銅複合体」とは

さてさて、グリーンマスクに入っている「クロロフィリン/銅複合体」ってなんぞや・・・??
プロムセリュールに限らず、結構これよく聞かれるんで、ここで解説しておきます。

これは、植物が光合成するための成分である葉緑素を銅と複合させて作った緑色の着色料です。グリーンマスクの緑色の正体は、この葉緑素なのです。

人工のクロロフィルなので、天然の藻類のクロロフィルとは異なります。

副作用の心配は全くと言っていいほどしなくていいでしょう。

副作用の危険性はひじょ~~~~~に低いです。

もしかしたら葉緑素のアレルギーという人が世界中のどこかには存在するかもしれませんが、少なくとも私はそのような人に会ったことがありません。

小麦や大豆、乳などのアレルギーと比べると圧倒的にアレルギーリスクが低いですからね。

グリーンマスクは副作用の危険性はある?ない?

グリーンマスクは、副作用の危険性は非常に低い化粧品です。

しかし、残念ながら全くないとは言えません。

特に、気になるのは以下の点です。

グリーンマスクにはユーカリ油が配合されているので妊婦は禁止!

グリーンマスクにはユーカリオイルが入っています。

す~っとした香りがするのもこのユーカリオイルのおかげです。

ユーカリオイルは、精油の一つです。残念ながら妊婦さんには不向きなオイルなのです。

グリーンマスクに限らず精油が使われている化粧品全般に言えることなのですが、妊婦さんは精油やアロマオイルの入った化粧品は避けたほうがいいです。

精油は香りを放ち、その香りに精神作用をもたらしたり肌に塗ることで薬理作用を起こします。

もちろん、アロマテラピーというくらいですから、通常は精油の効果でプラスに改善させるものなのですが、妊婦さんにはこれが有害に働く危険性があるのです。

妊婦さんは、プロムセリュールのグリーンマスクは使わないほうがいいです。

かといって、もう一つの炭酸パックであるアクティベートマスクもハッカ油が入っていますので、これも避けたほうがいいです。

プロムセリュールの炭酸パックに限らず、入浴剤やお茶、クリームや化粧品などで香りを放つものに関しては妊婦さんは使えないものが多いということを覚えておきましょう。

寒暖差アレルギーの人は炭酸パックでアレルギーが出るかも

もうひとつ、グリーンマスクでは成分による副作用ではなく、炭酸パックでの血行促進効果による肌の反応に関してのリスクが考えられます。

もし、お風呂上りなどに湿疹が出るという人は、炭酸パックでも同様の湿疹が出る可能性があります。

冷たい状態から一気に肌が温められると、寒暖差の刺激についていけず、肌が炎症を起こすという人が稀にいらっしゃいます。

プロムセリュールのグリーンマスクは高濃度炭酸パックなので、一般的な人にはとっても効果的なのですが、寒暖差アレルギーがある人にとってはリスクかもしれません。

そういう人は、時間を短めにスタートするか、グリーンマスクではなくもう一つのアクティベートマスクからスタートするほうが無難です。

寒暖差アレルギーの人はコチラ↓
アクティベートマスク1箱 20包セット

グリーンマスクの副作用・アレルギーはほとんど気にしなくてよい

グリーンマスクの副作用やアレルギーに関しては、以下に該当する人を除いてはほぼ気にしなくていいでしょう。

気にした方がいいケース
・妊婦さん
・植物アレルギー
・寒暖差アレルギー

上記以外の人は、そこまで神経質になる必要はありません。

ただし、化粧品は全て「肌に合うか合わないか」という理屈抜きで個人差というものが存在します。
万が一肌に合わなかった場合には、使用を中断するようにしてくださいね。

グリーンマスクは、以下の公式サイトから購入できます。
グリーンマスク 1箱10包